気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

韓国の高い焼肉

韓国に着いてまず驚いたのが物価の高さです。

例えばコンビニ。
コンビニといえば、日本では手頃な価格の庶民のお店という感覚が定着していますが、
韓国においては、その限りではありません。

私の印象では、韓国のコンビニはただ高級店です。
なぜなら、弁当の価格は300円ー400円と日本に比べると手頃ですが、
お菓子やアイスクリームなどの奢侈品は、味の品質が優れている一方で、日本よりも高価なものばかりだっためです。
日本人の平均所得を下回る多くの韓国人たちからしたら、とても頻繁に手の出せる品ではないでしょう。

例えば、お菓子。
f:id:Illuminated29:20170720152645j:plain:w200
このサイズで100円オーバー。レシートは残ってないが120円くらい?
f:id:Illuminated29:20170720152640j:plain:w200
グリコのジャイアントコーンのようなアイスクリーム。これもレシートが残ってないが150円くらい?
f:id:Illuminated29:20170720152702j:plain:w200
干し肉。これがなんと200円ほど。

しかし、買ってみるとどれも味がよく、満足度は高いです。
しかも本当に庶民に欠かせないお弁当は300円ー500円程度で購入できてしまうため、完全に庶民から切り離されているわけでもない様子。
f:id:Illuminated29:20170720153814j:plain
日本のコンビニ弁当は企業の利益重視で手抜きの惣菜などが目立ちますが、韓国の弁当は惣菜の種類から味まで非常に豊かです。
二段弁当があったとして、日本の場合包装から見えない一段目の盛り付けは貧相なことが多いですが、
韓国の二段弁当では、表から見えない二段目の段に肉が並べられていたりとサービス心が垣間見えました。
(これは決して韓国上げ記事などではなく、率直な感想です。)

実際、どの時間帯に行っても客足は多くありませんでした。
韓国では、日本と違って、まだ屋台などの庶民の店が生きているので、安くてバリエーションに富んだそちらのお店が好まれているのかもしれません。


韓国では日本のセブンイレブンも多く出店していますが、
同じくらいかそれ以上に多く見られるのがこのお店です。
f:id:Illuminated29:20170720141330j:plain:w300


さてさて、題名からだいぶ話がそれてしまいました。
コンビニ1つとっても物価の高い韓国ですが、
一番理解できなかったのが焼肉の値段の高さ。

日本では、焼肉は在日朝鮮人の人たちが日本に持ち込んだ韓国料理として理解されていますが、
安くて美味しい焼肉を狙うなら、本場韓国ではなく、日本の叙々苑とかに行きましょう。
焼肉に関しては、日本の方が価格設定も味の品質も優れていると思います。

もちろん私も韓国内にあるすべての焼肉店を回ったわけではありません。しかし、利用したお店に対する失望はとても大きなものでした。
[ぶらり入ったあるお店のレビュー]
f:id:Illuminated29:20170720160232j:plain:w300
店内のテーブルには、コンロが備え付けられています。
f:id:Illuminated29:20170720160319j:plain:w300
これが料金表。(クリックで拡大。10ウォン=1円計算で問題なし。)うひゃ〜高いな〜と違和感を覚えながらも、挑戦。
f:id:Illuminated29:20170720162827j:plain:w300
最初に副菜がテーブルに並べられます。(この副菜は、なくなったらおばちゃんが勝手に追加してくれます。)
この日は、試しに噂の韓牛と安い豚肉をオーダーしました。1800円の牛肉と800円の豚肉に期待を募らせながらキムチに箸を伸ばします。

そして、しばらくしてやってきたのがこちら。
f:id:Illuminated29:20170720160310j:plain:w300
コンダケカヨ!

たしかに料金表をみたら値段の隣に100gと書かれています。
うむ。

じゃあ味はどうだろう。というか、肉はおばちゃんがトングで焼いてくれるのですが、肉の扱いがめちゃくちゃ雑。飯も不味くなります。

とまあ、せっかく焼いてくれているのでそこは感謝して肉にタレをつけましょう。
そして一口。

・・・いや、普通の肉やんけ。

全然普通の肉です。
2600円払って食べた200gの肉は日本のスーパーの肉より少し美味しいくらいの味でした。
日本で食べれば1000円もしないような肉を2倍以上の値段で食べる理由はありません。

とはいえ、おばちゃんはとても優しく、他店のお品書きでも料金設定はほぼ同じだったので(むしろこの店は安い方)、詐欺でもなく、これが現地に定着している焼肉のようです。


[結論]
韓国の焼肉は値段と味の質が全く一致してないので、利用しない方がいい。
一方でコンビニ弁当は本当に安く美味しく、快適なのでおすすめです。

下関からフェリーに乗って韓国に渡ってみた[関釜フェリー1等席]

最近話題の韓国を知るために渡韓してみました。

今回の記事では、移動に使った「関釜フェリーはまゆう」のレビューをしていきたいと思います。


日韓の間には、下関と釜山を連絡するフェリーが1日1往復運行しています。
業務は、日韓両国の海運会社が担当。
今回乗船した「はまゆう」は日本側の関釜フェリー株式会社所有のフェリーです。

乗船した感想としては、船の設備や対応に不満はありませんでした。しかし個室の部屋を使う場合15000円オーバーと安くなく、それでいて移動に12時間もかかるのはネックかもしれません。目的地がピンポイントで釜山だったり、時間やお金に余裕があったりしないのであれば、航空機を使った方がいいのかなという印象です。
すべての部屋で複数人での使用が前提となっているので、出会いの機会や思い出作りにはよいかもしれません。


[乗船まで]
下関国際ターミナルへのアクセスは、関釜フェリーはまゆうのwebサイトを参照。
http://www.kampuferry.co.jp/passenger/access/access.html
下関駅東口から徒歩7分の距離です。

受付は、午後1:00から6:30まで。
席が空いていれば当日予約も可能です。
乗船手続きでは、カウンターにて渡された用紙に必要事項を記入の後、客室のランクごとの料金を支払います。
f:id:Illuminated29:20170720035640j:plain
f:id:Illuminated29:20170707205744p:plain
料金以外に、施設使用料(610円)と燃油サーチャージ料(400円)、
また1等関以上の部屋を定員以下の人数で使用する場合は、追加で2000円〜10000円の手数料を求められます。(詳しくは関釜フェリーはまゆうのwebサイト参照)

今回私が使ったのは1等席の12500円の部屋。これに施設使用料と燃油サーチャージ料(計1010円)と1等席2名部屋の貸切代として2000円が追加され、
支払いは15510円ほどでした。

乗船手続きが完了したらボーディングの時間まで待ちます。

[乗船]
ゲートは団体客用と一般客用とで2本に分かれており、入場した先で出国審査を受けます。
エントランスは訪日韓国人で埋め尽くされていましたが、そのほとんどが団体客で、一般客は私含めて2名ほどでした。
しかも日本人は見る限り私だけ。割合でいうと、韓国人と日本人とで、だいたい100:1・・。

出国審査のゲートでパスポートにハンコを貰ったら乗船です。


会話の声がやかましい韓国人ですが、ボーディングではきちんと列を作って並び、順番を守っていました。
f:id:Illuminated29:20170719000531j:plain
船内に入ったら、まず1等席以上の部屋を使う場合、フロントで鍵を受け取ります。
フロントは、2階に続く大きな階段に向かって正面の分かりやすい位置にあるので迷うことはありません。

(ちなみに私が乗ったときはフロントは2名とも韓国人の受付でした。日本の船舶でありながら日本人の船員は見なかったように思いますが、それほど普段から韓国人の利用が多いのかもしれません。)

2等室の人は、1階での雑魚寝部屋を使いますが、貴重品の預かりサービスもあり、船内には大浴場やレストランも設置されているので、それほど不便でもないよう。
むしろコミュ力に優れた人たちは、雑魚寝の環境を良い出会いの機会にしてしまうのだとか。


しかし、そんなコミュ力のない私は2階の一等席に行きますよ。
f:id:Illuminated29:20170709110454j:plain

外観はホテルと変わりありません。中はどうでしょう。
f:id:Illuminated29:20170718235033j:plain

こんなかんじ。
f:id:Illuminated29:20170720125849j:plain
f:id:Illuminated29:20170720125836j:plain
温水利用も可能で内装も清潔。部屋の清掃もばっちりで、関釜フェリーはまゆうの1等席は文句なしの使い心地でした。
・・といいたいところですが、1つ。バスタオルがないんですよね。
よく見ると、関釜フェリーのサイトにも、バスタオルの備品はデラックスルーム以上でないと付属していないことが記載されています。
そのため、関釜フェリーのデラックスルーム以下を使う人はあらかじめ自前で用意しておきましょう。
それ以外に不満を感じることは、私の場合、特にありませんでした。

あえてその他に難点をあげるとすれば、
1・・2段ベットの2段目が高すぎて怖いこと。
2・・部屋にもよりますが、カーテンを開けたら外は船のデッキで、他の乗船客から見えてしまうことがあること。
くらいでしょうか。

船内には、売店やレストラン、自販機もあり、船内の設備はばっちりです。
f:id:Illuminated29:20170720035617j:plain
f:id:Illuminated29:20170720125804j:plain
f:id:Illuminated29:20170720035636j:plain
売店の物価は若干高めですが、レストランの価格帯は日本と変わらないですね。
この価格が気に入らない方は、下関国際ターミナル付近のスーパーを使って買いだめしておくとよいでしょう。


ベッドも清潔だったので心地よい波を感じながらぐっすりと眠ることができました。

[下船]
目が覚めたら船は停泊中。これは朝8時の税関の開始を待っているためなのだとか。
8時の下船まで売店やレストランの利用も可能なので、準備を済ませて韓国に降り立ちましょう。
釜山港で入国手続きを済ませたらいよいよ韓国上陸です。

なぜ今更パワポケ5にハマっているか。

パワプロを遊ぶ上で避けられないというか、自分流の遊び方をする上で起こる問題がパワポケ5なら解決できてしまうことに気づいた。


その問題とは、能力の上限値が日本基準であり、できるだけ強い能力で作成したメジャー選手を日本球界に参戦させてもイマイチ迫力に欠ける点だ。

肩力マックスのイチローバックホームがワンバウンドで萎えたのは自分だけではないはずだ。

この点、パワポケ5ではチートを使えば、本来の能力値の上限15を突破して能力を最大255まで高めることができる。

255は大袈裟にしても数値を15〜30程度に抑えれば、超人の再現には十分だ。

例えばこの選手。

f:id:Illuminated29:20170705213819p:plain

誰かお分かりだろうか?

圧倒的な守備力を誇るスミスといえば、オジースミスしかいない。

パワプロでは上限値15の壁を超えることはできないが(最近なら100か)、このようにパワポケならチートで守備力25を実装することができる。

そして実際に選手を動かしてみても、守備力25動き、肩力18の送球を見せてくれるのだ。

まさにメジャー選手の日本球界での査定が成立したといえよう。

この要領でたくさんの選手を作ってみた。


守備力19のアレナド、守備力17のグリフィーJr、肩力17のイチロー、肩力20のモリーナ、球速171のチャップマンなど。

デフォルトで実装されている日本の選手の動きと比べると、その違いは一目瞭然でプレーに刺激が出る。


www.youtube.com

こんな風に走力255に設定することであのファミスタの有名キャラの再現も可能だ。



f:id:Illuminated29:20170705214426p:plain
できるだけリアル・クレイトン・カーショーを相手に戦ったらこうなった。

なかなか面白い遊びだと思う。

山口県下関市にある国民旅館「天海」に泊まってみた

旅の途中で私が泊まったホテルについて、知恵袋で以下のような質問が見つかりました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


私が山口県下関市に訪れたのは片手の指で数えられる程度ですが、現地は交通の要所でありながらネットカフェなどの手軽な宿泊施設に乏しい印象を受けました。
もしかすると、数ある旅館の中でも安い部類のこの旅館には、下関を訪れた人たちからの一定の注目が集まっているのかもしれません。

上に挙げた知恵袋の返答を見てもよくわからないという内容ばかりなので、僭越ながら、今回私がレビューして参りたいと思います。

国民旅館 天海
宿泊費  3800円(フロントに掛けてある札を参照。休日は4800円に値上がりする模様)
値引き後 3500円

ただし、設備は老朽化しており客も多くない様子なので、交渉すればさらに値引くことが可能だと思います。


f:id:Illuminated29:20170703173400j:plain
(部屋の内装)

旅館の構造は1階にフロント、2階に食堂、3階〜に客室と浴室が設置されています。
3回の部屋は和式の縦長の部屋で、ベッドと大型の机、大型テレビと洗面台が備え付けられていますが、備品のどれもが大型なので客が自由に使えるスペースは大きくないです。一人旅の身には問題ありませんでしたが、家族や複数人での滞在となると狭苦しく感じてしまうかもしれません。
窓には、縦長の部屋に沿って幅の広い窓がついています。しかし、部屋の床から窓までの距離は短く、落下防止の柵もありません。子供でも簡単に顔を乗り出せてしまうため子持ちの方は目を配らせておかないと事故につながる恐れがあります。上の写真では、写りの関係で低地の部屋に見えますが、実際は3階でもそれなりの高さがあり十分危険です。
また網戸がないため窓を開けたら虫が入ってきます。おまけにエアコンも時間限定での使用(後述)なので夏は窓を開けざるを得ず、虫に悩まされてしまうかもしれません。

なお旅館は、水商売のお店もある歓楽街(?)に面しているため、夜は人の往来が騒がしくなることもあります。
しかしそこは防止策が取られていて、窓が二重に設置されているため二重窓にすることで音を遮ることができます。防音の面では優れているといえるかもしれません。


しかし、設備の不備に関してはいただけないものがあります。
エアコンの使用は時間限定のみ可能で、午後の3時30分から午前の7時30分頃までしか使うことができません。
午後3時30分スタートなのはチェックイン開始の時刻と同時なので仕方ないでしょう。
しかしチェックアウトの朝10時までまだ2時間以上もある朝の7時30分に突然エアコンが切れる仕組みには疑問を持たざるを得ませんでした。

お客さんには、仕事で疲れてチェックアウトギリギリまで寝たい人や、朝から作業に励む人もいるでしょう。

それなのに突然予告もなくエアコンが切れたのでは、暑さで目を覚ましてしまうかもしれないし、作業も妨害されるというものです。

また入浴も午後の4時30分から利用可能ですが、温水が出ずに水風呂だったり、朝風呂での温水使用も不可だったりと不満は多かったです。

旅館の女将さんは、丁寧に接客してくれましたが、コスパはイマイチといったところです。
正直値引き後の3500円でも若干高いと感じました。個人的な体感では正価は3000円といったところでしょうか。

まあ下関駅周辺にはネットカフェもなく安宿も少ないので、適正価格に収まっているのでしょう。

500円追加料金を払えば2階の食堂で朝食が食べられるそうですが、こちらは試していません。

最近100円ショップの製品の品質が上がってて驚く

とても100円とは思えないあの製品たちは、いったいどこから仕入れられているのだろう。

包丁は、200円ほどしたと思うが、今まで使ったどの包丁よりも切れ味がよく、耐久性も高い。

スマホの充電器は、1000円もするような他製品の場合、接続部の曲がりに弱く、すぐに認識に問題が出て買い替えになるのに

100均の充電器だと先端部が曲がっても差し込めば充電を認識してくれる。(ただし保護回路がなく危険という声も)

ストップウォッチも、中には100円とは思えないような、デザインと使い勝手に優れたものもあり、重宝している。


100均を率先して使うことはしないのだけど、今のところハズレは少なく、役に立っている。


この前まで100均といえば中国製品と結びつけて考えられることが多く粗製品の代名詞だったと思うが、

実際に自分が手に取って使った製品からは、途上国にありがちな品質の低さは感じられない。

だとすれば仕入先は日本なのか?
それとも中国製品の品質が競争によって向上してきているということか?


まあなんであれ、他社の商品がメーカーのブランドで品質に見合わない価格で押し売りしていることは分かった。




後記)
100均製品の仕入先は、人件費の安い国に日本の金型を渡して作らせているみたいですね。
以前までは中国が仕入先だったようですが、経済成長に伴う人件費の高騰により
現在は東南アジア地域に移動している様です。品質の向上は製造国の変更が大きく関係しているようですね。

どうしてもモテたい時はこれをするだけでいい

それは単純で、住居を遠くに変えることです。

この時点で実行可能な読者は限られてくるかもしれませんが

実行すれば非モテで悩んでいる人の何割かに効果が出ると確信しています。


ではいったい、どうして今の住居から遠ざかればモテるのでしょうか?


それは、人間には自分から遠い遺伝子を持つ異性を求める習性があるためです。


「自分から遠い遺伝子」の対局といえば家族です。

女性は思春期になると、父親の匂いを悪臭と認識するようになって遠ざけようとしますが、

これは本能行動として近親相姦を避けるためのものだとされています。


女性の遺伝子の半分は、父親由来ですから、同一の遺伝子を持つ父親を近縁として拒絶しているわけですね。


実際に、近親相姦で生まれる子供は、本来なら発現しにくい劣勢遺伝子同士の掛け合わせが目立ちやすく、奇形出産の確率は高まります。


逆に、遺伝子的に遠縁の相手だと、自分にはない免疫のパターンを獲得しやすく、疫病に強い種が作られやすい。


すなわち、遠縁の相手を選ぶことは生殖にとって有利に働くのであり、
また女性にとって好ましいパートナーとは、遺伝子的に遠い男性という考えが成り立つわけです。


また女性は、自分の遺伝子との距離感を男性の匂いで嗅ぎ分ける習性があり、

遠い男性の匂いを「いい匂い」として物理的な距離を縮めようとします。


つまり、その女性が遺伝子的に遠縁でありさえすれば、向こうから近づいてくるので、あとは口説きさえすればOKというわけです。

これは「逆ナンパに至る手前」的な状態ですが、血が近い集団の中では、なかなか起こりづらいことかもしれません。

しかし、血の遠い集団の中に移動することによって、人工的に誘発することが可能となるです。


娘から父親に放たれる蔑視のような目線を浴びることは、男性にとって不可抗力な側面もありますが、

努力によって、つまり移動することによって避けるばかりか、また逆の成果を引き出すことができるのです。


とまあ、もしそうだとしたら外国に行けば一番モテるということになりそうですが、

異国人同士だと言語の壁、宗教関連の問題など様々な障壁が立ちはだかることは必至です。


反面、日本なら言語問題も宗教意識も薄く、壁があるとすれば学歴やら年収、容姿といった要素次第です。

そこは死ぬ気の努力でなんとかクリアしましょう。


単一民族の日本でも、明治時代までは基本的に各藩ごとに隔てて生活していたため、地域ごとに遺伝子のパターンは固まりやすかったのです。

現在に至っても各地域ごとに人の形質のパターンに違いはあるように思えます。

特に、本州と、島で隔てられた九州や四国、北海道とでは違いが大きく狙い目です。


人生設計にまだ余裕のある方はぜひ試してみてください^^

幼少期に親しんだアニメやゲームが人生の性格を決める

簡潔に書くが、幼少期のファーストインプレッションで親しんだ作品が、人生の方向性を決める。


アニメなら

ドラゴンボールやナルトを好むものは人間に興味を持ち、文系に進む。

一方、ガンダムなどのロボットアニメに進んだ者は、システムや機械への関心を深め、理科系の人間として成長していく。

例外はあるだろうが、経験上それはわずかだ。


そしてゲームが人生に果たす役割も大きい。

人間は幼少期に培った傾向を成人以降も持ち続ける。

これは「三つ子の魂百まで」ということわざを使って説明されがちだが、

これはもはやコトワザという迷信の類ではなく、脳機能の3歳までに80%が完成する発達の観点からも、科学的に正当な主張として受け入れられ始めている。


パワプロにはまる者は、プロ野球選手の年間成績を記憶することが趣味と化し、一度身についた傾向は生涯を通じて続く。
そこで身につけた数字の記憶は、人生においてほとんど意味をなさない。会話のネタくらいにしかならない。



歴史ゲームにハマる者は、歴史の記憶が趣味になる。
歴史とは過去の記録を通じて現代と未来を作っていくために、権力者によって記されるものだ。
だから歴史に通じた人間は、現代と未来の世界に肉薄していく・・。



とまあ
それほどゲームが子供に与える快楽と影響は大きいのである。
だとすれば子供をゲームから隔離することが難しい現代にあって、この事実は見逃されるべきではないと思う。


子供の人生は、幼少期に与えるゲーム(広く言えばメディア)が決めるといっても過言ではないのだから、
投与するゲームは子供に対する大人(親)の影響力が大きいうちにある程度制限を加えておくべきだと思う。