気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

有限のエネルギーをツイッターで浪費してはいけない

だから僕はツイッター利用に制限をかけることに決めました。
1日に使えるエネルギーは有限なのに、それをツイッターに投下したのでは建設的な成長が見込めないと悟ったからです。
もちろん、ツイッターを通して友人や、中には恋人さえ作ってしまう人もいるそうですから、
ツイッターが自分の人生にとって建設的に機能している人もいるのだと思います。

しかし、私にとってのツイッターとは、リアルで決して会うこともない同志との意味の薄い馴れ合いのツールに過ぎませんでした。
そして、学んだことを書くにしても、140字という制限上、短絡化せざるを得ない。
これは、思考の短絡化を習慣化させることにつながります。

また、収益ツールでもないので結果が評価されにくく、発展性がない。

これらの理由により、自分はツイッターアカウントを消して、誰とも繋がらない独り言用のアカウントを作り直すことにしました。
そしてこれは同時に、ブログ中心の活動に移行する宣言でもあります。

これからは、ツイッターに費やすエネルギーをこのブログの更新のために使っていく予定です。

body { font-size : 8px; }