気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

パスポートは絶対に失くさないほうがいい件

某国でパスポートを盗まれてしまいました。
経緯は置いといて、パスポートを盗まれると、帰国してからが大変です。
他に免許証やマイナンバーカードなど、他に身分証がある人はいいでしょう。

たしかに帰国までの手続きは面倒ですが、日本大使館で手数料2000円ほどと必要書類を提出するだけで、「帰国のための渡航所」というパスポート代わりの旅券をもらえます。その旅券は発行後数日で期限を迎えますが、あとは帰国後に1万数千円でパスポート申請し直せば、それでオッケーです。普段の生活に戻れます。

しかし、手元に別の身分証がないという方は、本当にパスポートは大事に管理してください。
とくに、銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどの貴重品とは離して管理した方が絶対に良いです。

日本では身分証がないとキャッシュカードの再発行や、局留めでの郵便受取りもできず、お金が底をつけば路上生活者への転落を余儀なくされます。
とはいえ、お金が底を尽きても、親族や友人の助けで、JRの目的地の駅から支払いを完了しさえすれば乗車できるなど、親救済措置は用意されているのですけどね。
しかし、どうしても予定外の行動を強いられて、ストレスや金銭被害は大きくなります。日程変更も強いられるでしょう。

自分の場合は、パスポートの中にキャッシュカードを挟んだ状態で盗まれたので、帰国後お金の引き出しもできず、かといって親族から郵便でキャッシュカード再規発行に必要な書類を送ってもらうにも、郵便局での受取りに身分証明証が必要で受け取れないなど、大変な思いをしました。

結局、母親から新幹線の支払いをしてもらって、なんとか地元まで戻りましたが、恥ずかしかったし無駄な出費や心労の面での被害が予想以上に大きかったです。
特に強調したいのが、「身分証明証とお金に関わるキャッシュカードやクレジットカード等のカード類は、必ず分離して保管すべき」ということです。

両方なくせば地獄行きですが、どちらかなくなっても、もう一方があればまず最悪の状況には陥らずに済むので。


できれば保管場所を2つ用意して分散しておくとよいでしょう。
1つ目は、腹回りのポーチがオススメです。これは移動中、常に監視下におけるので、強盗にでも遭わない限り盗難リスクを極力抑えられます。
2つ目は、サブバッグを用意して体の前方から抱えるようにして持つなど常に監視下に置けるバッグを用意し、その中に入れてておくことでしょうか。

body { font-size : 8px; }