気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

荷物が軽くないと旅はできない

重すぎる荷物は、旅の邪魔になります。
余計な御世話だと思うかもしれませんが、入れるべきものとそうでないものの区別がつかないがために、無駄にでかい荷物を背負って海外旅行している人が多いのです。




背中に背負う荷物が大きいと、お店の中で積まれた商品にぶつけて損害賠償を請求されたり、背中の荷物で道をふさいで他人の邪魔になってしまうこともあります。

それに旅には機動力が欠かせないため、無駄な物で膨らんだバックを背負うことは避けた方が賢明です。

そうすれば、より広い土地を歩けてたくさんの経験と出会えるはずです。

せっかくの旅なのに、背中を支えることに精一杯だと観光に全力を注ぐことができなくなりますからね。

旅に出るなら、荷物は絶対に軽くしていくべきです。


それでは、入れるべき荷物とそうでない荷物には、どのようなものがあるのでしょうか?

必要なものだと増やす方向の議論になるため、バッグの中に不必要なものと、荷物を減らすための工夫について考えてみたいと思います。


f:id:Illuminated29:20170911203454j:plain
中国・唐時代の坊さん、玄奘。荷物が重そうである。



1、液体系の洗剤類
これはテロの危険があるせいか、たいてい空港の荷物検査で引っ掛かります。
洗剤なので重量がありますし、洗剤を売っていない国などないので現地で買うとよいでしょう。
どうしても安全な日本製品がいいという方は、粉末のものを選ぶと良いと思います。粉末なら小型なのでスペースもとりません。

2、もしものときの秘密道具的なアイテム
サブプライムショックの後に結構な資金がBRICKs等に流れたこともあり、後進国といってもだいぶ発展しています。
サバイバル的な状況を期待して渡航しても、残念ながら欲求は満たされないでしょう。
コンビニや商店街の登場で、どの国も品揃えは先進国レベルです。
サバイバルアイテムを所持していても、無駄な荷物としてバッグを圧迫するだけです。残念ですが、今回は留守番を頼みましょう。

3、本
ブック。ブックブックブックです。
旅の一番のお荷物は本です。これは断言します。

本は知的アピールの重要アイテムです。国内外を問わず、自分の階級を主張するときに使える利点がある。
だから、初めて外国に行く時は誰でも、難しい本を持って行きたくなるものだと思います。

しかしそれは断念してください。

外国に出て日本語環境から離れると、日本語の感覚が薄れるのか、本を読むことすらおっくうになります。
そうなるとただの重い荷物になるだけですから、置いていきましょう。
筋トレしに行くわけじゃないですからね。

どうしても本が必要だという方は、電子書籍を使うと良いでしょう。
電子書籍を使えば、重い本何冊分もの情報を、1つの端末に集約できるため、荷物がだいぶ軽くなります。
有名どころではKindleですね。

スタバとかのカフェでKindleに目線を向けたままコーヒーを持ち上げて口元に持って行く仕草とかめっちゃ知的ですよね。
オススメです。

なお、Kindle unlimitedを使えば、unlimitedに契約されている書籍が読み放題です。図書館同然なので、宿の中で暇になったときに漁るといいですね。読みたい本があれば、本のページからunlimitedを使えるかどうか分かるので、欲しい本があれば調べてみると良いと思います。初月無料で始められるので、お試し利用してみても良いのではないでしょうか。

また今いる国の歴史等を調べるにも、webの情報では若干薄っぺらいのでKindleで書籍を漁れば、より深い見識が身につくかもしれません。

4、多種多様すぎる服

多種多様な服は避けた方がいいです。
特に女性は気分を服装の使い分けで表現する習性があるようで、カバンにもたくさんの荷物を入れてしまいがちだと思います。

しかし、服も量が多いとかさみ、バッグの容量を圧迫します。

しかも、海外には特有のリスクがあります。
盗難では、裕福な外国人が格好の標的となるので、先進国基準の派手な服装は避けた方が賢明です。
海外は格差が激しいので基本的に、どこの国でも旅行者のバッグを狙う貧困層の姿が確認されます。
スパイは情報工作を行う際、たいてい現地民の服を来て溶け込みます。
理由は、過度に目立つことは任務遂行の妨げになるためです。

したがって、海外に出るのであれば目立つ格好はさけましょう。ほどほどの格好を2パターンくらい用意するのがベストです。
足りなく感じたら現地で買い足せばいい。




5、南京虫のリスクも存在します。

南京虫の被害にあった場合、その瞬間に服もカバンも本も全て破棄が決まったと覚悟しなければなりません。
南京虫とは恐ろしい害虫で、海外では未だに猛威を振るっています。
http://illuminated29.hateblo.jp/entry/2016/09/09/224411

南京虫は1日に5個のペースで産卵し、しかも近親交配が不利に働かない仕様なので、2世代目から近親交配を繰り返しネズミ算式に増えていきます。
しかも、餌となる人間の血を1年間吸わなくても生存できる生命力まで備えています。
自身は移動能力を持たず、寄生した人間や動物の移動を利用して生存圏を広げていきます。
そのため、寄生されたまま気付かずに日本の住居に持ち込むと、住居が南京虫の巣となる可能性大です。
あまり語られませんが、海外旅行の大きなリスクの1つとして、私は度々警告しています。

そうした南京虫に寄生された時に備えなければなりません。被害を最小化する努力を未然に払っておく必要があるのです。

南京虫に寄生されたら荷物が全滅なわけですから、最初からバッグの中身を最低限度に圧縮しておけばオッケーです。

結果的に、旅の機動力アップすることにつながりますし、南京虫リスクヘッジにもなるというわけです。

body { font-size : 8px; }