気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

焼肉食べ放題で犯した失敗

焼肉食べ放題の魅力は、肉に限らず様々な料理をオーダーできる事です。

しかし、ここに思いがけない罠があることをご存知でしょうか?

今回は、焼肉食べ放題で犯したミスを共有します。





f:id:Illuminated29:20170913204234j:plain


最近は、焼肉屋さんにもIT化の波が押し寄せています。

座席の隅に用意されている電子端末からオーダーを行いますが、

カラオケの電子端末と同じ要領でメニューを開くと、肉に限らない品目の多さに最初は誰もが驚いたはずです。

とはいえ、やはり食べ放題ですから、日常ではあまり口にできない、高価な食べ物が目的のはずです。

やはり、定番は肉。

そして、丼もの、肉、サラダ、アイスクリームという高価なものを選びたくなるはずです。

しかしながら、やはり同じ食べ物ばかりでは、胃が疲れてしまいます。

そこで、野菜を口にしたくなる人も多いかと思いますが、

野菜の中には、食べ放題の最中に絶対に口にしてはいけないものがある事をご存知でしょうか?


実際、私はこのことを知らないまま、食べ放題の後半にこの野菜に手をつけて、店の駐車場で戻していまいました。

焼肉食べ放題は高価ですから、毎日通う人はほとんどいないでしょう。

恋人とのデート、家族や友達との団欒。

焼肉食べ放題を利用するのは、たいていそのような場面だと思います。

食材について無知なままだと、私のように、大事な人の前で食べた物を戻してしまう失態を犯しかねません。

それは強烈な吐き気を誘発する野菜であり、満腹を求める食べ放題において、誰もが抱えているリスクなのです。


では、その野菜とは何のことを指すのでしょうか?

ねぎ・・・いや、ねぎといっても「玉ねぎ」です。

さらに付け加えると、加熱してない生たまねぎです。


この生玉ねぎに含まれるアリシンは胃を収縮させ、強烈な吐き気を催す事で知られています。


もちろん、健康への影響は好ましく、むしろ日常的には率先して摂取したい食べ物です。

・・しかし、満腹状態のまま胃が収縮してしまうと、どうなるかは語るまでもありません。


野菜を摂取したい方ならともかく、食べ放題に肉などの重い食べ物を求める方は、オーダーは控えたほうが良いかと思われます。



生玉ねぎに含まれるアリシン、ケルセチンが吐き気の原因

玉ねぎに含まれる「アリシン」には強い抗酸化作用があり、血液から不純物を除きサラサラにしてくれる効能がよく知られています。

玉ねぎに特有の辛味や、ツーンとした匂いも、このアリシンによるものです。

しかしながら、アリシンが持つ強い抗酸化作用が、胃にとって強い刺激となるのです。

強い刺激を受けると、胃は、異常事態に対処しようと胃酸の分泌を増やします。

胃酸の分泌が増えると、人間の人体は不快感として知覚し、胃もたれや胸焼けが起こります。

この不快感に追い打ちをかけるのが、生玉ねぎの「ケルセチン」です。

ケルセチンが持つ効果は、筋肉や血管を収縮させることです。

本来は、臓器の健康のためには欠かせない栄養素なのですが、

ケルセチンが起こす胃の収縮に、アリシンの胃酸分泌効果が加わる事で、吐き気が本格化してしまうのです。

これが生玉ねぎを食べて気分が悪くなるメカニズムです。


もちろん、こうした効果が問題にならないのは、

アリシンの働きを加熱により緩和できるためです。

生の状態だと人間に強い吐き気を起こさせる玉ねぎも、加熱することで問題なく口にする事ができるのです。


従って、食べ放題のお店に満腹を求めてやってくるお客さんたちへは、加熱した玉ねぎを出さなければなりません。

加熱していない生の玉ねぎを食べ放題中に出してしまうと、お客さんは強い吐き気に苦しむ事になります。


であるにもかかわらず、平然と加熱していない生玉ねぎをメニューに載せるお店が多いのです。



通常、生玉ねぎの生理作用なんて、知っている人はほとんどいません。

そのような状態で「肉食い過ぎたから野菜でも食べるか!」なんて軽い気持ちで生玉ねぎに手を出してしまうと

取り返しのつかない事態に陥りかねないのです。

まさに焼肉屋での初見殺しですが、楽しいはずの食べ放題の機会に泣きを見るような事があってはなりません。


生玉ねぎを食べるな!などというつもありはありませんが、

もしこの記事を読んでくださった方がいれば、生玉ねぎと食べ放題の相性がいかに悪いかだけは理解してもらえると嬉しいです。



よんでいただき、ありがとうございました。