気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

水のきれいな土地の女性は美しい?

水の都といえば、水景が都市景観の形成に大きな役割を果たしている都市のことを指します。
日本では、東京都23区をはじめ、大阪県大阪市広島県広島市、福岡県川柳市、熊本県熊本市愛媛県西条市、宮崎県延岡市などがこれに該当するようです。

自分は、このいくつかを訪れていますが、どの都市も「街を歩く女性が美しい」という特徴で共通していました。

外国を見ても、イタリアのヴェネツィア、オランダのアムステルダム、ロシアのサンクトペテルブルク、タイのバンコクなど、と美しい女性を印象付けられる都市が並びます。


しかしながら、それは事実なのか?
世界を旅した人で同じことを口にする人は多いけれど、単なる体感であり、思い込みではないのか?

ということで、旅の振り返りも兼ねて、自分の旅を振り返りつつ、水質と女性との関係について考えてみたいと思います。
※国や地域全体を見て回ることはできず、美醜の感覚も十人十色。ということで、どうしても独断にならざるを得ません。一意見としてお受け取りください。





番号 国    水質 女性の美しさ

1 インド    汚い 美しくない

インドは美人の産地として有名です。
そのこと自体は否定しませんが、基本的に美人とされるのはアーリア系人を受け入れた北方インド人。
決してインド全体に美人が多いわけではありません。
たしかに南インドにも美人な方はたくさんいます。
最初に訪れた国だけに当初は強い感銘を受けましたが、東南アジアの国々を冷静に回ってみると、インドだけ特別に美人が多いというわけではないように感じられました。
持論を述べると、インドの場合は、ネグリトとインド・ヨーロッパ語族のミックスがオリエンタルな美しさを醸成していることが、美しさの原因だと考えられます。
現住インド人と東南アジア諸国の先住民ネグリトは同祖です。(http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/24483 nature)
インドのネグリトは、北方にやってきた侵略者たちを通してインド・ヨーロッパ系の遺伝子を獲得しました。
一方で、東南アジアのネグリトは、中国大陸やマレー半島から中国系やマレー系の人々を受容しました。
もちろん、東南アジアといっても、ヨーロッパ人の侵略を受けて混血の進んだフィリピンなどもあり、一様ではありません。

同じネグリトから出発したのに、美人排出国だとされるのは東南アジアでも、インド・アーリア語族を受け入れたインドやフィリピンが相場といったところ。
黒色系のネグリトと白色系のアーリア民族という、遠い民族の混血がミステリアスさが生み出し、インド女性の魅力に繋がっているのかと思います。

f:id:Illuminated29:20170913203621p:plain


しかし、私の総評ではインド女性は美しくありません。
理由は、敵対心の強さにあります。暗闇で大きな目をギラギラさせてこちらを睨んでいるような、経済利害でも一致しないと目すら合わそうとしないような我の強さ。
通勤地獄の中にいる日本のサラリーマンは、憤りや不満を内面に押し留めて、外部化することはめったにありません。
しかし、インド女性が持っている(ように見える)憤りは容易に外部に向けられます。
特に汚染著しいスス汚れた街に住む女性には、眉間にシワの入った険しい顔つきの女性が多かった。

そういた表情や態度の面でインド女性は美しくないと私は感じましたね。(もちろん、ハッとさせられるような外見の美しい女性はたくさんいます)




2 タイ     綺麗 美しい

タイの水質は、比較的綺麗なようです。
http://www.newsclip.be/article/2015/11/16/27485.html(newsclip.be 2015/11/06)
記事の紹介のされ方の関係で、水質の汚い印象を受けますが、

タイ全土の65の河川の366カ所のうち、「悪い」あるいは「非常に悪い」ものはわずか31%。残りの69%は、普通以上です。

タイは国を評価できるほど長く滞在していないので言及し難いのですが、個人的には美しい女性は多くない印象を受けました。

しかし、インターネットメディアでは、タイ女性の評価は高いようです。
私は7日滞在首都バンコクに滞在しただけなので、バンコクの外は事情が異なるのかもしれません

水の都、タイでは美しい女性が多く見られるようです。


3 マレーシア  綺麗 美しい

マレーシアの水質は、浄水器を設置すれば水道水を飲むことができるなど、悪くないようです。
また、シンガポールの隣国ということもあり、政府も富裕層の呼び込みに必死です。
国の先進国化を目指して改革の最中にあり、国土美化には力を入れているように見受けられました。

ペナンでは酷いヘイズに遭遇したものの、マラッカのように水の綺麗な都市もありました。多民族国家なので十把一絡げには言えませんが、親切でフレンドリーな美しい女性が多かったように記憶しています。

4 シンガポール 綺麗 美しくない
インドやフィリピンでは当たり前のポイ捨も、シンガポールでは犯罪認定です。
ということで、こうした罰則も助けてシンガポールの都市の景観は保たれていました。
明るい北朝鮮・・。
水質も同様なのですが、美人が多いかというと、そうではなかったように思います。
しかしシンガポールは移民の国。
高収入を求めて世界各地から集まった人々で構成されているため、この都市で観測を行うのは不適切かもしれません。


5 インドネシア 汚い 美しい
インドネシア(ジャカルタ)は都市のいたるところを川が流れて豊かな自然が栄えているのですが、いかんせんゴミで埋め尽くされています。
しかし、反面女性は美しく、大きな瞳にすらっとしたスタイルの方が多く、イスラムスタイルで女性っぽさが出ていないところにかえってドギマギしてしまいました。
そもそも街に工業製品があふれはじめたのもインドネシアの発展を受けてのことです。
川の汚染は近年の動きであり、そのため、美女の多さと水質に不均衡が生じているのかもしれません。


6 台湾     綺麗 美しい
台湾の下水道普及率は10%前後と高くなく、河川は汚染されやすい状況にあるようです。

台湾原住民は、中国移民の流入によって、現在では総人口の2.1%まで抑えられています。
なので、街で見かける女性の多くは中華系の女性です。
だからというわけではないのですが、あまり美しい印象は受けませんでした。



7 韓国     汚い 美しくない
韓国の水質は、汚染著しいようです。(http://www.recordchina.co.jp/b147489-s0-c30.html Record China 2016/08/13)
女性は噂通り画一的で、角ばった偏平の顔に細目というパターンが多かったように感じます。
たまにハッとする美人もいましたが、改造かもしれません。
あと気性が激しい。


8 フィリピン  汚い 美しい
フィリピンも画一化はできませんが、一部の都市の汚染は相当なものです。
ゴミが水面に浮かぶほど川の中であふれ、澱んでいます。

しかしながら女性の美しさは相当なもの。
とくにスペイン系や中華系と原住民系など、民族が複雑に混ざりあった女性は美しい傾向があるように感じました。


番外編 
日本熊本県   綺麗  美しい
熊本県は、水も女性も美しいの一言。
女性の美しさは度々話のネタとされるようで、先人によって数々の分析が行われているようです。
有力なのは、縄文系の血の強さ、加藤清正による領民の選別説ですね。
縄文系の血の強さであるなら、熊本以外にも同様の美人排出県が見られても良いはずです。
しかし、縄文人の多い沖縄と距離的に近い鹿児島にも宮崎にもそういう話は聞かない。

だとすれば加藤清正が他地域から熊本に美女をさらってきたという説が有力でしょうか。


結論
こうして振り返ってみて、都市の水質と女性の美しさの間には、関係があるようで直接的な因果関係は薄いように感じました。
インドやフィリピンの美女率の原因は、直接には、多民族との混血です。

シンガポールや台湾の女性の美しさを決めているのは、移民として訪れた人々です。
代々その地域で世代を重ねてきた人たちではありません。

熊本美人の理由も加藤清正の選別という外的要因の可能性が高く、水質との直接的な因果関係を持ち出すことはできません。

結論として、水質と女性の美しさには、一定の影響が推測される一方で、遺伝子構造を調整するほどの影響があるとは考え難いと私は考えます。


都市は水域の周辺に栄えるため、熊本の例のように為政者が美女を集約した、あるいは豊かな経済資源を求めて美女が自発的に集まったと見ることはできるかもしれません。

また一方で、水質汚染著しいインドの女性が険しかったように、反面同じインド系でも水の綺麗なインド系マレーシア女性が優しかったように、内面に与える影響はあるのかなと思います。

body { font-size : 8px; }