気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

MLBの年俸推移から考える「若者の不遇」

メディアで騒がれがちな「若者の不遇」


日本の成長期を謳歌してきた老人世代と比べると、現代の若者は厳しい環境に置かれているように見えます。
給与から毎月差し引かれる税金の大半は、老人向けの社会保障関連費用、年金、または老人が積み増した国債返済に消えます。
今でこそ横行している非正規雇用も、2001年の小泉改革以前には規制が強く、いまほどの猛威はふるっておりませんでした。若者が一方的に被害を受ける形になっています。
また、他国との領土問題、ゆとり教育の弊害、暗記中心の傾向など教育改革の遅れ、こうした問題は老人世代が作った問題が棚上げにされる形で社会に存在しています。

現代日本社会に横たわっている問題のほとんどは、老人世代に原因があるといっても差し支えないでしょう。


では、本当に若者は不遇に遭っているのでしょうか?




1,若者の老人に対する不遇とは、結局何によって決定づけられているのでしょうか?
まず、若者側の不満とは何でしょうか?
それは、給与待遇の停滞、税負担の増大、国家の先行きに由来する将来不安、東アジア情勢の混乱などの情勢不安。
といったものが挙げられると思います。
しかしながら、全てに共通しているのは、資金の不足です。

給与待遇や税負担の問題はもちろん、社会や個人の先行き不安も、お金さえ十分にさえあれば解消されます。
日本が国際情勢の危機に巻き込まれても、お金があれば他国に亡命できるでしょう。周囲からは「逃げるのか」と非難されるでしょうが、緊急避難の必要と愛国心に関係はありません。

つまり、老人世代に対して若者が金銭的な余裕に乏しいことが、不満の原因だといえるでしょう。

金銭的不満さえ解消すれば、若者の不遇はなくなるということです。


2,しかし私は、こうした動きに反対の見解を持っています。
若者の金銭的余裕の乏しさの原因は、非正規雇用だと思われます。

これは2001年に就任した小泉純一郎元首相による雇用規制緩和以降に顕著な傾向です。
これにより非正規雇用者は、賞与と昇級から引き離され、正規雇用者との間に格差を形成しました。

しかし、私は非正規雇用の推進は、来るべき時代の流れだと思っています。

1991年に決定した資本主義の勝利は、社会が「グローバル化」し、統合に向かう転機となりました。
市場は、他国の労働市場と交わり、国境を超えた物のやり取りが促進されました。

しかし、国境を超えたのは、物だけではありません。人もまた国境を超えてやり取りされるようになったのです。

それまで社会主義を敷き、鎖国同然の状態であった中国が1991年に対外開放を宣言すると、安い労働者を求めて先進国企業がこぞって中国進出に出向いたのは記憶に新しいと思います。

つまり、先進国の大企業は、新市場の新しい労働力を「発見」したのです。

この影響は単に先進国企業に人件費削減の恩恵をもたらすだけに留まりません。

先進国労働者にとって途上国労働者との競争の始まりをも意味していたのです

つまり、中国の対外開放が行われた1991年以降、先進国労働者の相対的な価値は低下していたのです。

小泉改革の2001年まで以前の水準を維持してきた労働者賃金が、氏の改革によって適正値に調整されたといってよいでしょう。
本来ならなだらかな悪化を辿るはずが、改革を境に待遇が急落したので、ショックは大きかったようですが。

しかしながらこの動き自体は、国際情勢を反映した適正なものであり、日本も「乗るべきトレンドに乗ったまで」ということができるでしょう。


3,つまり社会は二極化に分離した
また2000年以降に顕著な傾向として、インターネットメディアの普及が挙げられます。


インターネットメディアは、多くの娯楽コンテンツを含む反面、優秀な教育リソースとしての側面も持ちます。

学校教育もICT化の流れにあり、インターネットの教育的な側面に熱い視線が注がれています。

こうしたインターネットの普及は、教育機会の均等化をもたらしました。

大学には特権階級のみが進学できる時代が少なからずありました。
日本も戦前は、大学進学者は家柄があり、裕福な階層に占められていたようです。

また極端な例をいうと、世界に生じた文明のすべての階級制度で頂点は司祭階級です。
知識は階級によって所有され、階級を保つために隠されてきた歴史を持ちます。
その知識がインターネットの登場によって全層に開放されたのです。

このことがもたらした影響は大きいです。


例えば、インターネットの検索窓に専門用語を打って検索をかけると、用語を平易に解説した解説サイトがほぼ必ずヒットします。

また技術に関連する内容もインターネットには豊富で、検索をかければほぼ間違いなくヒットするでしょう。

これまで秘匿されてきた知識・技術は、特権階級だけのものではなくなりました。

つまり、特権階級や職人だけのものだった知識・技術にコモディティ化が起こりはじめたのです。

この動きを受けて人材もまたコモディティ化しました。

一部のMBAなどの高等教育過程は別として、日本の中上位クラスの学校で学ぶ知識は、インターネットの中にすでに溢れています。

授業やカリキュラムをインターネット上に開放するMBA校まで登場しています。


つまり、誰でも勇者状態。インターネットが普及するにつれて、知識・技術の価値が果てしなく低下しつつあるのが現状です。

こうした状況では、ただの知識・技術を持った人々は、他との差別化が弱く、コモディティ化を受け入れるしかありません。

知識・技能奴隷に甘んじるしか選択肢がないのです。

つまり奴隷です。若者の不遇を叫ぶ人は、時代が変わったことに気づかないまま知らずのうちに「奴隷として」の選択を選ぶことで自らを奴隷に貶めているのだと私は考えます。


4,天上界の民とは?
二極化というのですから、奴隷には対極が存在します。

19世紀において、労働者に対応する特権階級は、資本家と呼ばれていました。
今日においてもFobesに記載される富裕層はビジネスオーナーや資産家ばかりであり、生産手段を持つ人間(経営者)=非奴隷の構造に変わりはないように思えます。
しかし18世紀の産業革命から250年近く経過した現在、社会は当時とは比較にならないほど複雑化し、多様化してしまいました。
今日では、経営者だけが高額所得者の範疇に含まれるわけではありません。

トップで5億円近い年収を稼ぐ日本のYoutuber(サファテかよ)を見ても、必ずしも経営者だけが高額所得者(年収2500万円over)というわけではないことは明らかです。


こうした高額所得者と奴隷(言い方が悪いことは認めます)の違いは何でしょうか?

それは、報酬に対応する評価基準が、才能という点です。


Youtuberは魅力、集客力という才能を売りにしています。
プロスポーツ選手は運動能力という才能を社会に提供しています。
芸能人は、生まれ持った魅力あるいは歌唱力などの雑多な才能を世に提供しています。

昔の特権階級は官吏でしたが、今やこうした新富裕層の収入が、官吏の収入を容易に突破しているのが現実です。


5,MLBに見る天上人の給与水準の伸び
資本主義の胴締めはアメリカです。
だとすれば、二極化の動きが最も顕著なのも、アメリカのはずです。

アメリカの経済動向を調査せずして、現代社会を論じることはできません。

そのアメリカで、才能評価の傾向が強く、最も活発な産業とはスポーツ業界でしょう。
ここでは、MLB(Major League Baseball)の過去33年間の最高所得者の所得の推移を見てみたいと思います。

f:id:Illuminated29:20170915204223p:plain

(参考 : https://www.baseball-reference.com/teams/BOS/2017.shtml BASEBALL REFERENCE)


グラフによると、1985年の時点では約200万ドルに過ぎなかった最高年俸が冷戦が終結するにつれ徐々に上昇。1997年にはアルバート・ベル選手が年俸1000万ドルの大台に到達します。
その後もアメリカのITバブルを反映して給与上昇は継続。2001年にはアレックス・ロドリゲス選手が単年2200万ドルの契約を勝ち取ります。
2009年には、同じくアレックス・ロドリゲス選手が年俸3300万ドルの長期契約を獲得。以降伸びは停滞気味に推移しつつ、今季2017年の最高年俸は、クレイトン・カーショー選手の3557万ドルとなっています。

このようにMLBの給与は、アメリカの経済インフレが十分に反映された数値となっています。

それでは、アメリカ国民の平均年収も同様の伸びを示していたのでしょうか?

以下は、



アメリカの富の総量は、中央銀行がドルを発行するたびに増加します。

その富の伸びは、莫大なものであると体感でははっきりしておきながら、企業の内部留保や個人資産として蓄えられ、なかなか市場に表面化してきません。

しかしながら、こうしたMLB選手含めYoutuberなど、社会に才能を提供する立場の人々の収入は、年を追うごとに増大していることが分かります。

知識や技術を提供する一般労働者人々のコモディティ化を横目に、才能を得る人々の手元には、金融緩和によって供給された潤沢な経済資源が回ってきているのです。


これが二極化の正体です。

つまり、旧来通り社会に知識・技能を提供するか、あるいは世界に才能を提供するか、

これが奴隷と天上人を隔てる分水嶺となるでしょう。


6,若者の不遇はあるか?
途上国人材との競争、労働者の水準の向上、こうした状況に直面せざるをない若者が苦しい立場にあることはまちがいないでしょう。

しかし同時に、現代はインターネットがあります。それも民衆が安価で利用することができます。

インターネットの用途は様々で、独自の流通網を持ったり、意見を述べたり、動画投稿サイトで評価を求めて才能をアピールすることもできます。つまり、現代という文明の恩恵を使える時点で大物Youtuberと私たちに差はありません。

違いがあるとすれば、生まれ持った性質と努力の差ではないでしょうか。

たしかに今日の国家には衰退の色が隠せなくなっています。

しかし今日の私たちは、国に依存せずともインターネットを使ってYoutubeGoogle, Amazon, インド企業だったり韓国企業だったり中国企業だったりと、国を超えて多国籍の企業から収入を得ることができるのです。

このチャンスを考慮しないまま世代の不遇を叫ぶのはまちがいでしょう。

むしろ、私は老人不遇論を提唱したいと思います。

たしかに老人は年金や社会福祉費用を食いつぶすことで社会資本を独占している側面はある。

しかし、高齢者を総体として見ればそうかもしれませんが、個々のレベルで彼らが使うことのできる国費なんてわずかなものです。


しかも、幾度のバブルによって起きたインフレ物価の中を、相対的デフレ時代に貯めたお金で生きていかねばならないのですから、老人の方こそ不遇の流れにあるというべきだと思います。


1985年の最高年俸所得者、マイクシュミット選手は、同年は.277 33 93とまずまずですが、それ以前はコンスタントに38本塁打を打つ実績のある選手でした。しかし、当時の年俸は、213万ドルに過ぎません。

2億円なら筒香以下です。

当時のシュミット選手ほど実績のあるベテランが30本打てば、今日なら少なくとも2000万ドル程度の報酬は期待できそうですが、彼の年俸は213万ドルでした。
つまり今日の視点から見れば、彼の年俸は適正額の1/10程度に抑えられていたことになります。

しかし現実に生きている時代は同じで、シュミット選手は医療費、食費などお金のかかる老後を、相対的デフレ時代に稼いだお金で生きていかねばなりません。

(まあもちろん元メジャーリーがということで他収入は期待できそうですし、2億円あればアメリカでも15年くらいは働かずで生きていけそうですけどね。)

ちなみに、以下は、アメリカの1914年以降のインフレ率の推移です。

f:id:Illuminated29:20170915204129p:plain

80年代~現在の物価は安定的とはいえ、経済恐慌の局面を除いて概ね数パーセントのインフレ率で推移していることが分かります。


不遇にあるのはどちらかといえば、老人の方ではないでしょうか?

老人は、変化を嫌ってイノベーションを退ける人が多いですから、時代のチャンスにもありつけません。



何も動かなければ給与と立場は落ちていくばかりですが、時代特有のチャンスに目を向けて実行に移せば、見方は変わってくると思います。

むしろ若者は膨大なチャンスに恵まれていると私は考えます。

body { font-size : 8px; }