気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

「中国の金保有量世界一」とか、本当にどうでもいい

巷では中国の台頭が叫ばれて久しい。

対外開放の外資熱で成長した中国は、米国覇権打倒の先鋒であり、21世紀の覇権大国なのだそうだ。

某鬼塚氏の著書を読むと、世界2位のGDPを持つ中国の中央銀行には、世界の金塊が集積されているのだという。

そんなことはどうでもいい。




最後に富を握るのは実力者

鬼塚氏の意見が正しいとして、中国を世界最大の金保有国ということにしてみる。

しかし、金の保有率というのは、流動的なものである。それは、1990年の時点で遅れた社会主義国だった中国が、28年間で金保有率を高めたことにも表れている。

戦時の日本も、アジアに進出していく中で、各地の資源を接収したらしい。しかし、敗戦するとたちまちアメリカ占領軍に没収されている。

富というものは常に争奪の対象となり、最終的には強者の手に集約される。


一時的に成金を達成しても、実力が伴わなければ、強者に奪われてしまう。

歴史にもそれは表れていて、インドや中国が直面した大航海時代の例は、まさに弱い成金国家が強国にカツアゲされた例だと思う。


大航海時代は意外とアジアが栄えた時代だった。

アジアの富を最初にヨーロッパに伝えたのは、マルコポーロだった。

マルコポーロの「東方見聞録」を読めば、彼が旅した各地の様子が、資源を中心に描かれていることが分かる。

実際にヨーロッパ人がアジアにたどり着くのは、ヨーロッパ人が、火器と羅針盤を身につけてからだった。

大航海時代と呼ばれているその時代に

彼らがたどり着いたアジアは、まさにマルコポーロが伝えた富の宝庫だった。

インドの綿織り物、絹、コショウは、ヨーロッパの消費者を熱狂させ、中国の陶磁器や茶は高級品として上流階級に親しまれた。

当時は、東のアジア開拓と並行して、西の新大陸の征服事業も行われていて、鉱山から採掘された大量の貴金属がヨーロッパになだれ込んでいた。

ヨーロッパ商人といえば紙幣を使う印象が強い。しかしアジア商人は簡単に信用紙幣を信用しなかった。

そのため、普遍的な価値を持つ貴金属がアジア商人への決済手段に使われた。

こうして、ヨーロッパに起きた新大陸バブル(価格革命と呼ばれている)も助け、ヨーロッパ人の船に大量のアジアの製品が集荷されていったのである。

しかし、大量の貴金属がアジア商人に支払われた一方で、インドや中国の間でヨーロッパ製品はあまり流行らなかったらしい。

インドに売ろうとした毛織り物は、暑いインドにあわず、穀物や飲料は長い船旅で劣化してしまった。

綿織り物でも、品質に劣るヨーロッパ製品はインド製品に対して優位に立てなかった。

中国においても、イギリス産の綿製品は親しまれず、実利をもたらさない絵画などの高級品も趣好されることはなかった。


その結果、新大陸からヨーロッパに渡った銀の多くが、貿易の代金として、東洋に流出したとされている。

その割は、東京大学の石見徹氏によると、控えめに見ても、新大陸から流入した銀の約4割に達するらしい。

つまり、当時のヨーロッパ商人はインド・中国との貿易で一方的な赤字を被っており、新大陸から得たはずの富が東洋に流出していたことになる。

大航海時代といえば、ヨーロッパの栄華のように伝えられるが、実際富を得ていたのは、アジア商人であったとも見れる。

当時のアジアは、ヨーロッパとの交易で富を蓄え、成金状態を達成していたともいえる。

では、中国やインドは、その富を使って、覇権大国にのし上がったのか?

と聞くと、頷く人はいないと思う。


アジアが収奪されたのは、帝国主義時代


大航海時代に富を蓄えた中国・インドが覇権大国になれなかったことは、歴史が示している。

アジアに進出したヨーロッパの国は色々あったが、イギリスが最も優位を握っていた。

そのイギリスも18世紀後半に産業革命を迎えるまでは、アジアの商習慣を守ったり、科学技術を教授することで現地に取り入ろうとしていた。

要するに、譲歩していた。

しかし、産業革命を迎えて、簡単にアジアを侵略出来る軍事力を身につけると、暴力性を前面に出すようになる。

貿易赤字国の中国には、アヘンの密売を行い、それに気付いた清朝皇帝が規制を出すと、近代兵器を使って植民地化してしまった。

インドでは、産業革命で大量生産できるようになった安い綿織り物を無関税で持ち込み、競合のインドの繊維産業を壊滅に追いやった。

安価な綿製品の流入が相次ぐと、インドに蓄えられた富は、支払いのために流出してしまった。

また圧倒的な武力で現地の政治を掌握し、苛烈な課税により、富の収奪を徹底した。

その後の中国では、アヘン戦争の敗北をきっかけに、帝国主義国の侵略が相次ぎ、裕福だった清朝は壊滅に追いやられていく。

実は、このとき日本もヨーロッパへの富の還流に貢献して、

日清戦争の賠償金として受け取った金塊を、日本銀行に預けずに、イギリスの金融街シティで保管するように取り入っている。


中国の富は、イノベーションの暴力で収奪された。

インドの富は、大量生産と自由貿易で収奪された。

ということになる。

中国とインドに共通しているのは、産業革命というイノベーションの力を持たなかったこと。


中国の金保有量が世界トップでも、覇権をとるとは限らない


「普遍価値」のポジションは、すでに金にとって代わられている。

大航海時代には、銀が注目を浴びたようだが、地球上の総量において銀は金の4~6倍を超えてしまっている。

つまり、金のほうが希少性が高い。

昔は銀ほど顧みられなかった金だが、今ではすっかり「普遍価値」の代名詞として定着した。


冷戦時代は金価格が高騰していた。

それも冷戦を争った資本主義と社会主義の両方が、核兵器を所有して、使用をちらつかせたのだから、「有事の金」が上がるのは当たり前である。

また中東情勢も荒れていた。

しかし80年代後半に差し掛かり、資本主義の勝利が明らかになると、価格上昇は収拾に向かった。

社会主義が消えたので、核戦争のリスクが回避されたのだった。

金は「有事の金」といわれているだけあって、平和が訪れると、当然価格は落ちてしまう。

また、資本主義が強くなったので債券に注目が集まるようになった。こうした株ブームの中で、金を手放して債券を買う人が多くなったことも、下落を助長したのだろう。

金価格は、911が起こる2001年ごろまで下落を継続していた。

中国の発展が始まったのは、90年代に市場開放を行ってからなので、ちょうど金が下落していた頃にあたる。

ちょうどいいタイミングに経済成長を始めた中国が、価格の落ちた金を買い占めていたとしても、不思議ではない。


仮にそれが事実だとしてみる。

しかし金保有率の高さから、「中国の覇権が来る」だの「金を背景に中国元が基軸通貨になる」といった安易な予測をするのは、間違いだと思うのである。

先に書いたように、富は勝者の手に集約される。

中国とのアヘン戦争の勝利にも、インドとの貿易の勝利にも、背後には産業革命というイノベーションがあった。つまり文明の力である。

そのイノベーションを生み出すのは、場当たり的な研究ではない。基礎研究から実証研究、また学問の手続きなど諸条件を揃えた研究機関が必要である。

18世紀に産業革命を成し遂げたのはイギリスだった。21世紀の今日は、アメリカがその立場に立っている。

もしも、金を蓄えた中国が、覇権大国の位置に立つのであれば、イノベーションでトップにいなければならない。

イノベーションを起こさないまま覇権を主張しても、さらに高い能力を持った国がいれば、戦争で奪われてしまう。

中国は、研究でアメリカに勝てているのか?

もし、中国の覇権が起きるなら、ここで「YES」が返らなければならない。



中国は対外開放からの27年間で、確かに成長した。

当然、学術の領域でも成長は見られるのだろう。

しかし、アメリカを超える学術研究の成果を伝える声はきかない。

たしかに、論文執筆数だの引用数だので、中国がトップに躍り出たと主張する記事が出回っているのを目にする。

しかし、某国の「国家ブランディング委員会」のようなものだろう。私は、全く信用できない。


一方の米国といえば、世界的企業のマイクロソフトやグーグル、アップルは今や世界市場を包摂している。

また、アップルやアマゾンに顕著なように、次々に次世代デバイスを発明して、既存の産業から仕事を奪っている。

最近は暗号通貨が流行っているが、「ビットコイン」も「リップル」もアメリカから提出されたものだった。

中国もマイニングで活躍しているが、それは他人が作ったプラットフォームで活躍したに過ぎない。

こうした動向から判断すれば、中国にアメリカに匹敵する科学技術があるとは思えない。

だから、中国の覇権もありえないと思うのである。


結論

金の保有量で国家の覇権を測るのは間違い。

いくら金持ち国家でも、イノベーションを備えた覇権国家の暴力の前には、一気に破壊と収奪に晒される。

これはかつて中国で起きたことである。21世紀においても、中国がアメリカを凌ぐ科学技術を身につけていなければ、再びかつての悲劇を繰り返すことになるでしょう。