気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

中国の歴史に学ぶ少子化解決策

歴史上の推定地域人口 - Wikipediaによると中国の人口は、17世紀までは、王朝の交代のたびに増減を繰り返し、1億人周辺で頭打ちでした。
しかし大航海時代に入ると、新大陸から運ばれた穀物の栽培によって食料供給が増加し、人口動態は増加傾向に転換。
また新大陸から銀が流入たこともあり、1711年に康熙帝が地丁銀制を導入すると、1750年には人口2億人を突破。1800年には3億人、1850年には4億人と上昇のペースは右肩上がりに加速していきます。


康熙帝が導入した地丁銀制は、少子化に直面する現代日本にとって、大変示唆に富む例を示しています。

もちろん、当時の清朝は欧米諸国に向けた絹織物、生糸、陶磁器、茶の輸出で好況に沸いていた時代です。

輸出品の対価として受け取った銀により清朝政府は大変潤っていたので、還元政策を行う余裕があったのでしょう。

その意味で、不況のさなかにある現代日本とは、多少背景が異なるのかもしれません。

しかし、少子化からの脱却を目指す上で参考になることに違いはないので、ここに残しておこうと思います。





1711年、清朝政府は、欧米との交易で得た銀を担保に、事実上の減税政策を実施します。

この「地丁銀」制は、明時代からの「一条便法」を刷新する考えでした。

明時代までの一条便法では、地銀(土地税)と丁銀(人頭税)の2つの税金を、別々に銀納させる形態をとっていましたが、

清朝に入って人口が増化したことによる手続の煩雑化、そして銀の保有量が膨らみ余裕があったことを背景に

事実上の人頭税の廃止を行いました。

それまで領民一人一人に課されていた丁銀(人頭税)は、地銀(土地勢)に組み込まれ、納税が一本化されました。

地銀と丁銀が一体化されたことから、この税制度を「地丁銀」と呼びます。


この税制度の変更をきっかけに、中国の人口は爆発的な上昇期を迎えます。

もちろん、人頭税を恐れて偽装申告されていた戸籍が表に出はじめた増加分もあるでしょう。

また、生産能力の向上と医学の発達が死亡率を抑制したことも無視できません。


しかし、数字をみても1711年の地丁銀制導入以降、中国は50年ごとにおよそ1億人増化のペースで人口爆発に突入しているわけです。

(年度) : (人数)
1650 : 1,4億
1700 : 1,6億
1750 : 2,25億
1800 : 3,2億
1850 : 4.2億

戸籍の偽装申告が50年ごとに1億人発覚することは、まずありえません。
食料問題や医療問題の解決も指摘できますが、50年間で1億人の人口増加をそれだけに求めるのは不自然。


やはり、康熙帝の減税策が、人口の拡大に貢献したことは間違いありません。



もう少し詳しく見てみましょう。

人頭税を土地税に組み込むとはどういった状況を指すのでしょうか?

まず土地税は、領民が所有する土地に対して課される税金の事です。

一方の人頭税とは、領民の家族に対して、その構成員に一人ずつ課される税金の事です。

明時代から康熙帝の時代まで、中国の税制はこの2本で構成されていました。

清朝に登場した地丁銀制は、土地代と人頭税を一本化して課税する方式です。

これにより、土地代は、今まで通り課税されますが、人頭税は家族の人数に関わらず事実上一定ということになります。

つまり、土地税は残したまま、事実上の人頭税の免除が行われたのです。

領民からすれば、土地への税負担は残るものの、人頭税に関しては、いくら家族を増やしても税負担が増えないことを意味します。

そうなると、家族を増やすことに抑制がかからなくなります。

むしろ、領民が抱える税負担は土地税だけになったのですから、家族の人数を増やして家族あたりの生産を増やした方が、税負担も軽減されるのです。

つまり、家族を増やすことにインセンティブが生まれました。


このインセンティブをきっかけに、各家庭は生産活動に励み、

総体として、中国は今日に続く巨大人口を形成期していきます。


とはいえ、人口爆発は貧困問題への入り口のようなものですから、いいことばかりではありません。功罪があります。

実際、その後の中国をみても人口過剰による穀物不足に陥っており、太平天国など反社会勢力の台頭を招いた点は見逃せません。


しかしながら、今ほどの人口規模がなければ中国はBRICSの一員にも選ばれなかったはずだし、

下手をすると植民地化や文革の過程で、少数民族に転じていたかもしれません。

その視座から見れば、康熙帝の施した減税政策は、漢民族にとって有効的に機能したと評価しても、間違いではないはずです。

現在、日本人も人口減少の途上にいますが、当時の清朝の政策(というか偶然?)を見習って後世に遺恨を残さないようにしたいものです。

body { font-size : 8px; }