気になったことなど

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

政府の破綻は避けられないなと思った理由

2016年、熊本県震源とする震度7地震が発生し、50名の命が犠牲になりました。
心より御冥福をお祈りいたします。

地殻変動を伴った2つの断層による連動型地震は、現地に壊滅的な打撃を与え、家屋の密集する益城町を中心に多くの家々が倒壊するなど深刻な影響を及ぼしています。





当時、私も現地に向かいました。現地では、家屋の倒壊状況が予想以上に酷く、道路に沿って並んだ家々が立て続けに倒壊していたり、倒壊には至らずとも家屋の損傷でバランスを崩して倒れかけていたり。住居を失った怒りや家族を亡くした悲しみにたたずむ人たちをただ見ているだけという無力感があったのを覚えています。


この自然災害は同時に、私の脳裏に自然災害の恐怖と自然に対する人工物の無力さを植え付けました。

とはいえ、私も日常に戻る必要があり、この時は「何もできなくて済まない」という気持ちを抱きつつ熊本を後にしました。

その後は、自然災害のことは忘れて日常に帰って行った私ですが、先日、ふとした発見をきっかけに自然災害について思い出し、

「自然災害が先進国を破滅に追いやるな」という確信を抱いたのでした。


先日、広島県に訪れた時です。

広島駅の近くには、松田zoomzoomスタジアムが立地しており、付近にはあちらこちらに赤色の装飾で飾った個性的なコンビニや、スタジアムまでの道に沿って並ぶ銀色の柵に選手プロフィールを描いた大きな看板が設置されています。

このスタジアムを正面左に進み、その先にある交差点を越えて坂道を登ると、大きな橋が掛かっています。
この橋の損傷がとても無視できない状態にまで損傷してたのです。
橋を構成する木材が痛んだり、破損していたりして、陥没してギシギシと音を立てるほど。
また橋は川と川を結ぶ交通の要衝となっており、アーチ型で長く幅広で、車さえ通行するほどです。そんな重要な橋の損傷が放置されていることに驚きを禁じえませんでした。

2017年の降雨量は、例年にない激しさのようです。
http://www.toushin-1.jp/articles/-/3999(投信1 2017/08/29)
その影響か、橋の木材が痛んでしまったのかもしれません。

あの橋の損傷は、そのままだと必ず崩れ死傷者を生むことになるでしょう。
だから、そうなる前に市が補修を施すはずです。

しかしながら、材質が木材なぶん、補修は1度きりでは済まないでしょう。自然災害が起こるたびに橋は傷み、劣化が目立ち始めた時点で都度補修が必要になるでしょう。

全国には、そんな橋が1つや2つではないのです。


政府は、「日本列島改造計画」という公共事業を掲げ、全国的に大きな橋やトンネル、建物を林立させていきました。
当時は、まだBRICKsもただの途上国であり、今日のような過剰な資源消費には走っていませんでした。
そのため「自然の逆襲」もなく、建物の劣化も緩やかなものとの計算だったのでしょう。
むしろ公共事業費を引っ張れればいいとお決まりの現世代中心主義を発揮したに違いありません。

その結果、日本には、約699,000橋、10,300トンネル、舗装約3,100㎡が建設されてしましました。
もちろん、こうしたインフラが市民の生活を支えていることは事実です。
市民生活の安全に及ぼす貢献も無視できません。
しかし、事実として今後は老朽化を迎えたインフラも、国家財政の逼迫に追い打ちをかけていくことは避けられません。

東南アジアの国々では、舗装が崩れたり、道路に穴が開いて下水道が露出しても、政府は無視を決め込んでいます。(公共事業の種ではある)

しかし日本は、衛生観念も高く、庭仕事のように設備のメンテナンスも欠かしません。

さらに自然災害の悪化も重なる以上、寿命に達した社会インフラの整備費用として多額の支出を求められる日がくるのもそう遠くないでしょう。

そうなると、過剰債務状態に拍車を掛け、政府の寿命を縮める結果につながるはずです。

body { font-size : 8px; }